マンション改修時の豆知識

廊下

排気口取り替え①

マンションの改修工事で、いつも気を付けて工事範囲に入れる物があります。
廊下やバルコニーの壁に取り付けてある換気扇のガラリです。
10年以上経ちますと台所換気扇ガラリ等は、目詰まりしたり油汚れで、真っ黒の物も多いのです。
他の給排気口でも、プラスチック製の物は破損している事もあります。
ステンレスかアルミ製のツバ付きの新調品に取り替えるようにしています。

排気口取り替え 排気口取り替え

<写真左 ガラリ  写真右 破損した排気口>

室名札の取り替え

マンションの大規模改修工事をする時、築20年程たっているマンションでは、部材を取り替えて新調したいものがいくつかあります。

その一つが各戸玄関にある室名札です。プラスチック製の物が多く、破損したり、カバーが無くなっている等、機能的にも美観的にも取り替えた方が望ましい場合があります。

見た目にスッキリした、ステンレスやアルミ製の室名札が既製品でたくさんあります。大きさと価格で選んでいる事が多いようです。

室名札の取り替え 室名札の取り替え

<写真左が古い名札  写真右が新しいもの>

排気口取り替え②

外壁の塗装と一緒に排気口の取り替えを計画しましました。
プラスチック製のものは、紫外線の影響で劣化しもろくなってヒビ割れたり、台所からの排気口は油汚れで、コテコテの事もよくあります。

フード、つば付きや、油だめの付いた物、ガラリに防虫網を取り付けできる物もあります。又、防火ダンパーの必要な箇所では、台所などの火を使う所は120℃、それ以外の部屋は72℃で閉まる構造です。その箇所に合う温度ビューズ付の防火ダンパー付排気口を取り付けるようにしましょう。

排気口取り替え 排気口取り替え

玄関扉の塗装

玄関扉の塗装

マンションの大規模修繕工事で、各戸の玄関ドアの塗装工事があります。
ドアの表面だけでなく、見付部分と枠も塗る事となります。塗装してすぐドアを閉めてしまったら、塗料でひっついてしまう事があります。
下塗のとき、上塗の時などドアを乾くまで3~4時間のあいだ少し開けておく事が必要となります。
そのため、その時間帯は在宅をお願いする事となります。

玄関ドア 戸当りの取り替え

マンションの大規模修繕工事で、築20年以上の時は、アンケート調査をすると、ドアの開閉の不具合を挙げられる方が多くあります。
閉める時、バターンと大きな音がする。隙間風が入るなどの不具合が多い場合、戸当りゴムを見る事としています。この戸当りゴムを取り替えるだけで、良くなる事があります。

玄関ドア 戸当りの取り替え 玄関ドア 戸当りの取り替え

天井照明器具の塗装と取り替え

マンションの大規模改修工事で、廊下や階段に照明器具が付いています。
天井の塗装をする時、その照明器具を工事中、少し下へ吊り下げて隠れてしまう天井面までも塗装する事としています。

万一、次の塗替えまでに、蛍光灯などの寿命で照明器具を新調取り替えた場合、器具の大きさが小さくなっていて、塗装を器具の裏までしてないと、その時、旧塗装色が見えてしまいます。そのため一旦吊り下げて塗装し、元に戻します。

蛍光灯などの照明器具も全体が錆びたり、安定器が古くなったりで、新調取替する事もあります。調査の段階で、型式を調べておきます。新しい器具は、節電タイプを選ぶこととしています。

天井照明器具の塗装と取替 天井照明器具の塗装と取替

LED照明へ取り替え工事

LED照明へ取り替え工事

マンションの大規模改修工事に合わせて廊下の蛍光灯をLED照明に取り替えました。






面格子の取り替え工事

アルミの面格子に白サビがいっぱい出て、見苦しくなっていました。築30数年のマンションですので、長年の排気ガスの影響でしょうか。
近頃はアルミ材も塗装する事もしますが、亀甲型模様で塗装に向かない型です。
そのため新調品に取り替える事になりました。
廊下側の面格子がスッキリと美しくなりました。

面格子の取り替え工事 面格子の取り替え工事