ナイスリビング1級建築設計事務所ホームページに戻る

京都市西京区

Y様邸バリアフリー工事

奥様が骨折された事で家の中の段差解消する事となりました。
普段は気付かないのですが、玄関・トイレ・浴室・階段等は、段差というバリアでいっぱいです。。




玄関

最も難儀してらした玄関の段差。
鉄骨プレハブ造で壁に下地が無かったので、まず下地補強材を取り付けてからL型手摺をとりつけました。
補強材は、クロス貼りの壁から浮かないように白としました。
約30cmあった玄関の段差でしたので、式台を置いて無理なく上がり下りが出来る等に配慮しました。
玄関は高低差を移動するというだけでなく、靴の脱ぎ履きという動作も加わるので、十分安全に心がけたいものです。

玄関



階段

こちらも鉄骨の梁や柱あり、壁が平面ではありませんでした。やはり補強材で調節してから手摺を取り付けました。

階段 階段



トイレ

扉の下に10cm以上の敷居があり足が上がらず困ってらっしゃいました。
敷居を取り扉を入れ替えました。

トイレ

便器横にはL型の手摺を取りつけました。

トイレ

こちらのトイレはお客様も利用されるとのことでデザイン的にも工夫された手摺を取り付けました。
肘掛はペーパーホルダーも兼ねています。

トイレ



浴室

浴室入口・浴槽横・浴槽入際の3箇所に手摺をつけました。

浴室 浴室 浴室
浴室

浴室は滑りやすく特に注意が必要です。
体に不自由を感じられると知らず知らずのうちに水道の蛇口やタオル賭けなどをつかんでらっしゃいます。
それらのものは体重を支えるようにはできていません。
大きな怪我とならないうちに、手摺をしっかりつけていただくことをお勧めします。