ナイスリビング1級建築設計事務所ホームページに戻る

-

U様邸リフォーム工事





耐震補強

1981年に建築基準法が耐震面で大幅に改正されました。
従って1981年以前に建てられた建物をリフォームする際は、まず耐震面の強化が必要となります。



構造用合板を貼って、床面・壁面の耐震性の向上
構造用合板

壁に構造用合板を貼り付けました。





基礎を追加することによる耐震性の向上
基礎

建物外周中心に入っていた基礎を内部にも追加して設置しました。







構造用金物(公庫仕様)で耐震補強
構造用金物

金物を追加して、耐震補強しました。





屋根を瓦から軽いものへ変更
屋根の変更









防虫剤にも自然素材のものを

竹酢液 竹酢液

建物の土台となる基礎回りの部材(床下部材)は、防虫や防湿が大変重要です。しかし、防虫剤には虫を殺すパワーがあることで、人間にも少なからず影響を及ぼすものがあります。
ナイスリビングでは、昔から日本で使用されている自然系の防虫剤をなるべく使用するように心がけています。

今回は竹搾液を使用しました。竹搾液は竹炭を焼く過程で出てくる煙を集めて冷却し、液体にしたものです。防虫・防臭効果が期待できます。