ナイスリビング1級建築事務所ホームページに戻る

鬼法教総神苑 観音堂施工例集鷺坂(さぎざか)の家

京都市伏見区

鬼法教総神苑 釈迦堂


鬼法教総神苑釈迦堂

伏見稲荷の北側、 裏参道に面したことろにある(宗)鬼法教総神苑に、釈迦堂が完成 しました。
当社初の本格的な社寺建築に、施工前に4分の 1 の模型を制作するなど、研究を重ねながらの施工となりましたが、通常のお寺のような重々しいイメージではなく、もっと繊細なお堂を 目指し、材料にも工夫をこらしました。
なかでも瓦の代わりに使用した、柔かな若葉色のガルバニウム鋼板の屋根は、真白な壁と調和し、文字通り『繊細なお堂』という雰囲気を演出しています。
また、当社の理念である「ひとにやさしい住・空・間」を活かした点としては、 内部の床は、無垢のナラ材に、蜜蝋WAX(天然系WAX) で仕上たフロアを使用。地下室には、無垢の杉材をふんだんに取り入れ、床下には竹炭を敷きました。
同じく釈迦堂の隣に、受付所も完成しました。小さいながらも「数奇屋風」の建物です。




鬼法教総神苑釈迦堂 鬼法教総神苑釈迦堂 鬼法教総神苑釈迦堂